こんにちは、Tatsu事、小川辰徳です。

せどりをしているとついつい見落としがちになってしまう事・・・

「運営管理」ですね!!

売れた商品の利益率や利益高は売れた瞬間に確認する事があると思います。

それに加え、月トータルでの運営管理、分析をしていけば数段利益は増えます。

せどりはなんとなくでもやっていけるので余計に注意が必要!!

運営管理、分析する事によって確実に利益は増加します。

例えば、売れた商品の利益率は平均で50%を超えている。
しかし、Amazonの振込額から等月の仕入れ代金、経費(発送量、ツール代)
を差し引くと利益率20%切る事がある。

薄々感付いていても直視するのが嫌で計算をサボるケースもあると思います。

しかし、まず現実を把握しない事には理想とのギャップを計ることすら出来ません。

必ず運営管理は徹底しましょう!!

ちなみに、上記のケースでは商品の回転以上に仕入れし過ぎたか、やたら経費がかかっている為発生していると考えられます。
よって、次の月は回転系中心に切り替える、若しくは今の商品をより多く販売する方法を実行したりする等の対策を打てます。

また、経費を見直すのも非常に重要です。
ツール代金は払いすぎていないか?
送料を安くする方法はないか?
代行業者は適正か?

等々これらを見直すだけで利益、利益率共に向上します。

どうやって儲けるかと考える前に、

現状把握と無駄を削減する事が重要。

ただし絶対にやってはいけないのはケチる事。

例えば検索ツールを有料から無料に切り替える。

(無料ツールの方が機能的に優れているならOKだがまずそれはない)

ヤフオクで出荷するお客様用ダンボールを買わずにドラックストアで貰って使う。等々

これらをやってしまうのは無駄の削減でも何でもありません。

検索ツールで言えば効率が落ち、売上や利益も下がり、自分のやる気まで下がります。

ダンボールは返品、クレーム等余計な対応へのコストが生じます。

最低限必要な物以外は見直し、必要な物にはしっかり投資していく事が利益率、利益を高めます。

運営管理、分析を行い、無駄を排除

し必要な物に投資して手元に現金を

残しましょう!!

 

それでは!!