こんにちは、Tatsuこと、小川辰徳です。

 

現在、せどりをされている方、これからせどりを始めるという方
どちらの方もいずれは出品代行を利用するのがBESTです。

 

出品代行とは、ラベルはがし、クリーニング、ケース交換、FBAシール貼り、出品登録、Amazonへの発送等の出品に関する事を全て代行してくれる業者の事です。

 

せどりをされている方はご存知の通り、出品は下手をすると仕入れ以上の時間を要します。

 

副業の方は特に、本業プラスせどり更には家族サービス等非常に忙しいと思います。

 

そんな中、出品まで自分でやっていると、お金より大事な自分の時間が奪われてしまいます。

 

よって、ある程度の売上が立つようになれば、出品代行を利用した方が圧倒的に自由な時間を増やす事が可能です。

 

 

その際にボトルネックとなるのが出品代行手数料

 

 

私の利用している出品代行業者さんは基本1点105円で作業をして頂けます。

 

しかし、これが低単価の商品を取り扱っていると、利益を非常に圧迫します。

 

以下に低単価商品と高単価商品を出品代行利用した場合の例を記載します。
(売値は仕入れ値の5倍に設定)

 

例➀低単価商品

 

仕入れ100円→売値500円

 

手数料は考えないとして単純に

 

500円-100円=400円が自分で出品した時の利益です。

 

更に出品手数料105円をそこから引くと

 

利益は295円となります。

 

これは利益の約26%が代行手数料となります。

 

 

例➁高単価商品

 

仕入れ1000円→売値5000円

 

手数料は考えないとして単純に

 

1000-5000=4000が自分で出品した時の利益です。

 

更に出品代行手数料105円をそこから引くと

 

利益は3895円となります。

 

これは利益の約3%が代行手数料になります。

 

 

例➀、例➁から分かるように高単価商品を取り扱う事により、
出品代行を利用する際も利益を極端に圧迫する事を防げます。

 

勿論、実際にはオプションのケース交換等で金額が変動しますが、
それでも高単価商品を扱う事で出品代行による利益の圧迫を最小限に防ぐことが可能です。

 

自分の時間を大事にしながら、利益率を高める為に、高単価商品を取扱い、出品代行を利用する事を視野に入れましょう。

 

長々と読んで頂きありがとうございます。