こんにちは、Tatsuこと、小川辰徳です。

 

せどりとは、市場と市場の価格差で利ザヤを抜く事です。

 

一般的に良く知られているのが、

 

ブックオフ(古本、中古ショップ)とAmazonとの価格差を利用する方法です。

 

例えばブックオフで100円で仕入れし、Amazonで1000円で販売。

 

すると利益は900円というような手法があります。

 

実際には手数料がかかったりしますが、イメージはこんな感じです。

 

こういった事はせどり以外にも色んな所に見受けられます。

 

例えば、スポーツアービトラージや輸入輸出転売等々。

 

あらゆるところに価格差が発生しています。

 

とにかく価格差を見つけて利益を出すことのうち、近くのお店で商品を買ってネ

ットショップで売る事がせどりと考えてもらってOKです。

(ネットショップ間の価格差を利用する手法もある)

 

 

 

では実際にどうやるのか?

 

 

 

 

携帯電話が普及する前は、商品の知識がなければ不可能と言われていたのがせどりです。

 

しかし、今は携帯電話で調べれば一発です。

 

極端な話、商品知識ゼロでも大丈夫です。

 

やり方さえ分かれば、小学生でも可能です(リアル)

 

ここまでで誰でも稼ぐ事が出来る事が分かってきたと思います。

 

しかしご存じの通り、得られる結果が分かっていてもやらないのが世の常です。

 

私のブログを読んでいるのにせどりをする人は10%以下です。

 

だったら、ブログなんか読まずに寝てた方がむしろ高利益です(笑)

 

そして面白い事に富裕層の比率も10%以下です。

 

 

この数値は偶然なのでしょうか?

 

 

まあこの辺りのお金に関する考え方は、1月からのメルマガで伝えします。

 

 

 

 

さあ、しかし行動すればいいと思って闇雲にやるのは非効率極まりないです。
これは私が体験しています(笑)

 

オリジナルなんかクソくらえ

 

やり方があるのだから、あとは誰かから学べば良いのです。

 

自分自身がやる事は自分に必要な指導者を選択し、指導者の言う通りやる事

 

だけです。

 

 

1ついえる事は実績をやたら公表している月商500万とか月商1000万の人から学ぶのがBESTと考える思考。

 

これには注意が必要です。

 

相手の事を考えれば答えは分かります。

 

月商500万、1000万稼いでいる人がこれからせどり参入するあなたに丁寧に

 

教えてくれると思いますか?

 

 

そんな時間ないでしょ(笑)

 

 

そもそも、月商500万の人の利益率は?

 

仮に利益率10%だとしたら、あなたがその人から正しく学んでも利益率は

 

10%です。

 

 

副業、個人でやるなら、良くて月商100万、200万くらいまでです。

 

ほとんどが月商30万円以下です。

 

その10%といえば3万です。

 

 

頑張って月3万だったら、バイトする方が高利益です(笑)

 

更に言えばそもそも500万は本当??

 

ネットの世界には詐欺師も当然います。

 

結局は何をするにも学ぶ相手を選択する事が重要ということです。

 

指導者の選び方はその人の思考に自分が共感出来るかどうかです。
ここが肝です。

 

 

 

それでは正しい刺激に対する反応を!!

 

 

せどりの語源↓
http://sedoriafi.xsrv.jp/web/40/