こんにちは。

Tatsuこと、小川辰徳です。

 

今日はブックオフ攻略法についてお伝えします。

 

結論から言いますと、

バーコードリーダーを使えるか否かを把握する事です。

 

ブックオフホームページとグーグルマップを使用していきましょう。

 グーグルマップ↓↓

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/97/

 

方法

1.ブックオフのホームページを開き、お住まいの都道府県を選択し、検索。

2.検索した店舗リストをプリントアウト。

3.全店舗に電話確認。

 

私の場合、神奈川全店と東京、静岡、埼玉、山梨の利用する店舗に鬼電しましたよ(笑)

確認事項は1点です。

「そちらのお店はバーコードリーダーを

使ったせどりを禁止されていますか?」

 

【禁止店舗】
「はい、当店では禁止させて頂いております。」

 

【許可店舗】
「禁止ではないのですが、他のお客様にご迷惑になると

判断した際はお声掛けさせて頂いております。」

 

これは事実上のOKです。

 

ついでに駐車場の料金も気になる人は確認しましょう。

4.バーコードリーダー使用可否を店舗リストに転記。

(駐車場料金やその他に確認した事も記入しておく。)

5.全店舗確認後、グーグルマップを開き、

マイプレイス、地図作成の順に進んでいく。

(ブックマークしておくと便利。)

6.バーコード使用可能店舗を確認し、

ブックオフのホームページより住所をコピー。

7.コピーした住所をグーグルマップの地図で検索。

8.ピンが地図上に打たれるので、店舗名とバーコードリーダー使用可を記載。

(バーコードリーダー使用不可店舗に関しては、スルーでOK。)

私の場合、駐車場料金、1dayパス使用の可否、

電話番号、クレジットカードの使用可否も記入しています。

以上

 

一度上記の準備をしておけば、二度とブックオフで気を遣う事は有りません。

ブックオフ店員はせどりの存在を把握していますので、

バーコードリーダー使用可の店舗では注意される事が有りません。

黙々とビームしましょう(笑)

 

店員が近くに来ても気にする必要はありませんよ。

むしろ「いつも沢山買って頂きありがとうございます。」

と気の利く店員なら声をかけてきます。

ここぞとばかりに、最近どの辺りを値下げしたのか聞いてみましょう!

 

裏ワザ

1.バーコード使用不可店舗に関してですが、目利きが付けば有効に使えます。

せどり禁止店舗の為、ライバル不在=スーパーチャンス(笑)

ある程度慣れてきたら、せどり禁止店舗もマップに追加しましょう。

 

2.ツタヤや他の仕入れ先も加えていけば仕入れルートも同時作成可能。

ピンを色分けすれば見やすさ2.2倍(笑)

 

 

P.S レポート審査落ちました(涙)

   速攻で修正して再審査受けてますので、

   しばしお待ちを。

 

 

それでは、

ガンガン稼いでいきましょう!!

さて、今日の私は何位でしょう!?
↓↓