こんにちは。

Tatsuこと小川辰徳です。

 

さて、

最近メールを受け付けているので、

課題の完了報告、質問等々を

鬼のようにもらっています。

 

知識をインプットし、

その知識を直ぐに

アウトプットする事は

学習の効果を

更に高める事が可能です。

引き続きガンガン

アウトプットしていきましょう!

 

 

さて、いよいよ、

残り2日で、

道が真っ二つに別れます。

 

で、本日は昨日に引き続き、

リスクヘッジです。

 

ここまで、

私がリスクヘッジにこだわるのは、

不確実要素を含んだ仕入れを

したくないからです。

 

もっと言うなら

不確実要素を含んだビジネスは

いずれ何処かのタイミングで

破綻します。

 

そうならない為にも不確実要素は

徹底排除する必要が有るわけです。

 

本日はプライスチェックです。

私のプライスチェック使用頻度は

Amashowに比べると1割未満です。

 

しかし、この1割でも

侮ってはいけません。

 

確実な利益に繋げる為に

使用すべきです。

 

で、このプライスチェックの

使い方は

基本的には

Amashowと同じ使い方でOKです。

 

で、何故使っているかと言いますと、

店舗せどりや電脳せどりの際、

明らかに、

Amazonで売れていそうな商品が、

何故かAmashowに全く表示されない

若しくは、グラフが表示されない

という事が発生します。

 

その際、当然仕入れする基準を

失う為、仕入れを断念します。

 

しかし、ここで

プライスチェックを使用すると、

何故か表示されるケースが

有るわけです。

 

この現象が起こるのは

プライスチェックと

Amashowのデータ収集量が

異なる為だと考えられます。

 

だったら、Amashowを使わずに、

プライスチェックだけで、

良いのでは?

と考えると思います。

 

しかし、使ってみると

分かる通り、

プライスチェックには

新品、中古のどちらが

売れたかまでは分かりません。

 

ですので、Amashowを見て、

無ければ、プライスチェックの

流れがベストです。

 

勿論、両方に全く表示されない

ケースも有りますが、

それはカス商品なんで、

スルーして下さい。

 

では、本日の課題です。

 

プライスチェックを第1回課題で

作成したせどりフォルダに

ブックマークしておいて下さい。

 

もう課題にも慣れてき、

スピードも上がってきたと思います。

 

せどりも同様です。

反復は効率化に繋がるわけです。

勿論その過程で

思考錯誤した量によって、

効率化のスピードは変化します。

 

ネットビジネスの世界は

もの凄いスピードで進みます。

 

それでも、

最終的に残るのは

確実にこなしてきた人だけです。

 

スピードを出せる事は

非常に良い事ですが、

優先順位は

確実性→スピード

の順番です。

 

確実に進めていきましょう!

 

では、本日は

確実性を高める為の

音声をプレゼントします。

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/357/

※クリックで再生、

右クリックから保存可能。

明日の20時まで

に聞いておいて下さい。

 

本日も質問メール、

課題完了報告のメールを

頂いても大丈夫です。

 

下手くそでも何でもいいですが、

気持ちのこもった

メールにして下さい。

やる気のないメールは双方にとって

時間の無駄ですからね。

 

それでは、

25日に向けて、

しっかり準備していきましょう!

_________________

過去の課題
第1回課題 せどりフォルダ作成

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/363/

第2回課題 Amashowブックマーク

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/364/

第3回課題 FBAシュミレーターブックマーク

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/365/

第4回課題 オークファンブックマーク

http://sedoriafi.xsrv.jp/web/366/

_________________

今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、

下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
↓↓